記事一覧

【スニーカートレンド通信】コート系の売上が2倍に、2021年は履き心地に定評のあるブランドが人気

2021年売れたスニーカーは一体何か。スニーカー小売の雄、「アトモス(atmos)」「ミタスニーカーズ(mita sneakers)」「アンディフィーテッド(UNDEFEATED)」の話を元にトレンドスニーカーを調査。ルイヴィトン スーパーコピー今年は「ナイキ(NIKE)」の白色のモデルを中心に、履き心地に定評のあるブランドが人気を集めた。

ルイヴィトン ナイキ コピー エアフォース1 コラボスニーカー ホワイト

カテゴリー:ナイキ,エアフォース1

カラー:ホワイト

アッパーにはカーフスキンを使用し、デニムキャンバスでスマートな構造になっています。レースアップデザイン、パッド付きヴァンプ、テクニカルライニング、ツートンカラーのクリアラバーアウトソールが、スニーカーにインスパイアされた要素を披露しています

モデル別では、バスケットボールカルチャーから派生したコート系※が人気で、各ショップ平均して売上が前年比で約2倍に伸長。アイテム数や多彩なコラボレーション企画、復刻モデルなどが支持されたことからナイキのエア フォース 1(Air Force 1)やダンク(DUNK)が好調で、今年の傾向としてはスタイリングに取り入れやすい白色ベースのモデルに人気が集中した。ミタスニーカーズでは、新品のスニーカーにヴィンテージ風のカスタマイズを施す人もよく見られたという。

コメント一覧