記事一覧

ドルチェ&ガッバーナのショーに、マシン・ガン・ケリーが登場! 新世代の大胆な自己表現を讃えて。【22-23年AW メンズ速報】

1月15日(現地時間)、ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)が開催したショーに、若者に絶大な人気を誇るマシン・ガン・ケリーがライブ出演。ブランド777経験や知識にとらわれない新世代の自由な感性を祝したコレクションを披露した。

ドルチェ&ガッバーナの華やかさとグラマラスなエンターテインメント性は、決して期待を裏切らない。ショーに足を運べば、まるでチケットが取れないほど人気のミュージシャンのライブに行くような期待感を抱き、毎シーズンどうすればこれほどまでに一貫して素晴らしいショーを行うことができるのかと不思議にすら思う。

Z世代がファッションやカルチャーに対して抱く渇望をいち早く察知したデザイナーデュオは、実にセンセーショナルなショーを作り上げた。ミーガン・フォックスと婚約したばかりのマシン・ガン・ケリーという、今ネットで最も話題のカップルを完璧なタイミングでショーに登場させたのだ。最前列でフォックスに見守られながら、ケリーは見事なウォーキングを披露し、無数のスタッズやクリスタルをあしらったオーダースーツなど3ルックを着こなした。さらに、ヒット曲「My Ex's Best Friend」を歌い、会場の盛り上がりは最高潮に達した。

ショーの前に行われたカンフェレンスで、デザイナーたちはマシン・ガン・ケリーの才能と美に対する感覚を賞賛していた。彼の起用は、SNSに精通していることを示すだけでなく、ターゲットである若い世代の考え方や動向に注目していることを明らかにしている。二人は時代の流れを理解することが何より重要だと考え、新しいルールに沿ってやり方を調整していくことは、クリエイティブな観点からも刺激的だと捉えているのだ。

「私たちは我々自身に挑戦しています。これまで慣れ親しんできたものすべてに疑問を抱いています。物事は必ず変化していくもの。私たちはその変化を受け入れ、進化につながる新しいものを経験したいのです」とステファノ・ガッバーナは言う。それに対し、ドメニコ・ドルチェは「快適な場所に留まることは、もはや快適ではないのです」と付け加えた。

ケリーのライブパフォーマンスのみならず、その他の新進気鋭のアーティストたちとのコラボもハイライトのひとつだ。デザイナーが追求するメタバースワールドへの美学が表現され、ビッグサイズのスウェットや大きく膨らんだパンツには、マルチアーティストであるロッコ・ペッセッラの自由なグラフィティが描かれている。ちなみに、NFTの流れにいち早く乗った彼らは、最近9点のデジタルコレクションをオークションで販売し、総落札額は約6億円に達した。

ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)が若い世代に感じる最大の魅力は、経験や知識にとらわれないのびのびとした感覚で自由なスタイルを楽しむところにあるという。「ありきたりで綺麗にまとめられたワードローブには新鮮さがありません。大切なのは、個性とアティテュードなのです」

今回のコレクションは、Z世代の自己表現に対する天性の洞察力によって生まれる大胆なスタイルを讃えたものだ。過激になることを恐れず、メンズウェアは新しい領域へと大きな一歩を踏み出そうとしている。プロポーションは誇張され、黒と白のロゴがあしらわれたダウンジャケットはまるでインフレータブルのようなボリュームで体を覆い、フルレングスのコートからは胸もとやブリーフが露わになり、ディアマンテのネックレスで華やかさをプラス。

また、グラマラスなエコファーもフィーチャーされた。リアルファーの使用を中止したドルチェ&ガッバーナだが、彼らの美学にも通ずるファーならではの官能性と視覚的なインパクトを諦めてはいない。とはいえ、この試みは将来的にブランドを徹底的にサステナブル化するという誓いを示している。

「私たちにとってのサステナビリティは、技術、調達、生産だけに適用するものではありません。これらの高品質なエコファーは、小さなアトリエで、以前リアルファーを扱っていた毛皮職人によって作られています。私たちにとってサステナビリティとは、伝統的な技術の知識を守ることでもあるのです。そのノウハウが失われていくのを防ぎ、職人たちの仕事と未来を確保することは、私たちの大きな誇りです」


【関連記事】:http://b34.chip.jp/fashionshop

コメント一覧

バレンタインを祝 URL 2022年01月19日(水)10時22分 編集・削除

バレンタインを祝したベルトポーチ

ディオール一生ものバッグ URL 2022年01月19日(水)11時04分 編集・削除

1946年パリで創立した高級ファッションブランド。その魅力は高貴でエレガントなデザイン&シルエット……

ファッション情報 URL 2022年01月20日(木)15時33分 編集・削除

2022一番人気のファッション情報

丸みを帯びたつま先が特徴的 URL 2022年01月21日(金)18時50分 編集・削除

ボッテガヴェネタがラバー製の新作サンダル ラバーフラッシュ を発売

ピアジェ初のリング URL 2022年01月21日(金)21時55分 編集・削除

ピアジェ「ポセション」初のエンゲージメントリング、“回転リング”×ダイヤモンドのプラチナ製

リングとペンダントが登場 URL 2022年01月21日(金)22時03分 編集・削除

ジェンダーレスで楽しめる! ブシュロンの「キャトル」に新作リングとペンダントが登場。

ワンランク上のジュエリー URL 2022年01月21日(金)22時05分 編集・削除

ワンランク上のジュエリーが欲しいなら、トリオンフ一択♡

おしゃれなギフト3選 URL 2022年01月21日(金)22時14分 編集・削除

バレンタインは女性にとって欠かすことのできないイベント。デパ地下やスイーツ店の売り場にチョコレートが並ぶ光景は、甘いもの好きをワクワクさせてくれます。とはいえ、チョコレートは当たり前すぎて正直イマイチかも…とお考えなら、今年はチョコ以外のプレゼントで、いつもと違うバレンタインにしてみませんか?

結婚祝いのジュエリー URL 2022年01月21日(金)22時18分 編集・削除

結婚祝いのジュエリーは、二人の新しい門出を祝うもの。ご結婚されたお二人の日常に上質なジュエリーをお贈りしましょう。

女性に喜ばれるジュエリー URL 2022年01月21日(金)22時21分 編集・削除

女性に喜ばれるジュエリーのプレゼント 人気ランキング!彼女や奥さん、母へのギフトにおすすめ!

飾りたくなるアートピース URL 2022年01月22日(土)10時44分 編集・削除

飾りたくなるアートピースのようなジュエリーを

新作限定早い者勝ち URL 2022年01月22日(土)11時14分 編集・削除

マフラーとスニーカーをブラックにして、華やかで元気な印象に。

新作ラッフルシリー URL 2022年01月22日(土)11時43分 編集・削除

“ロマンティック×アーミー”の新作オールブラックドレス&ブルゾン、ラッフルやギャザーをプラス

Prada 秋冬コレクション URL 2022年01月22日(土)11時45分 編集・削除

プラダ 2022年秋冬メンズコレクション

Dunk High “Vintage Black” URL 2022年01月22日(土)12時14分 編集・削除

ナイキからヴィンテージライクな新作が登場

新作限定早い者勝ち URL 2022年01月22日(土)12時16分 編集・削除

マフラーとスニーカーをブラックにして、華やかで元気な印象に。

飾りたくなるアートピース URL 2022年01月22日(土)12時20分 編集・削除

飾りたくなるアートピースのようなジュエリーを

着想の新作ジュエリー URL 2022年01月22日(土)12時22分 編集・削除

アレキサンダー・マックイーン“海”から着想の新作ジュエリー、本物の貝殻やサンゴのネックレスなど

大阪店などにて販売 URL 2022年01月22日(土)12時25分 編集・削除

エーエイプ バイ ア ベイシング エイプとトミー ジーンズのコラボレーションアイテムが登場。ブランド パロディ2022年1月18日(火)より、エーエイプストア 原宿を含む5店舗と、トミー ヒルフィガー 表参道店、トミー ジーンズ ルミネエスト新宿店、トミー ジーンズ ルクア大阪店などにて販売する。

手首にキラリと光 URL 2022年01月22日(土)12時38分 編集・削除

手元に視線を落としたとき、リングやブレスレットの輝きにときめき、あなたの瞳に映る自分を想像して、ネックレスやピアスを纏う。ジュエリーはわたしのお守り。2022年を記念するお気に入りを見つけませんか?

シャネル 偽物 URL 2022年01月25日(火)21時14分 編集・削除

そばで揺れるシャネルモチーフと鍵を忍ばせたチャームがポイントだ。コンパートメント付きで、収納力も抜群なのが嬉しい

ナイキ 偽物 URL 2022年01月30日(日)23時11分 編集・削除

「ナイキ×トラヴィス・スコット ナイキ

Maison Margielaのタビシューズ URL 2022年01月31日(月)23時26分 編集・削除

89年に初めて登場して以来(メゾン マルジェラ)のアイコン的な存在。ずっと愛され続け、年齢問わず履けるブーツです。

「ピアス(耳飾り)」の歴史 URL 2022年01月31日(月)23時28分 編集・削除

今ではジュエリーの基本となったピアス・イヤリング。アルハンブラ パロディ最近はマグネット式のイヤリングなど「ピアス」に見えるイヤリングデザインが多数出てきていますが、やはり、落とす心配やスポーツ・ワークアウト中でも気にせずにつけられるピアスは、性別問わず、大人気。

「ピアス(耳飾り)」の歴史 URL 2022年01月31日(月)23時37分 編集・削除

今ではジュエリーの基本となったピアス・イヤリング。アルハンブラ パロディ最近はマグネット式のイヤリングなど「ピアス」に見えるイヤリングデザインが多数出てきていますが、やはり、落とす心配やスポーツ・ワークアウト中でも気にせずにつけられるピアスは、性別問わず、大人気。